CMD

copy

機能

1 つまたは複数のファイルを別の場所にコピーします。

コマンド

COPY [/D] [/V] [/N] [/Y | /-Y] [/Z] [/L] [/A | /B] 送り側 [/A | /B][+ 送り側 [/A | /B] [+ …]] [受け側 [/A | /B]]

オプション

オプション 説明
送り側 コピーするファイル (複数可) を指定します。
/A ASCII テキスト ファイルとして扱います。
/B バイナリ ファイルとして扱います。
/D 受け側のファイルが暗号化が解除されて作成されるようにします。
受け側 新しいファイルのディレクトリまたはファイル名 (複数可) を指定します。
/V 新しいファイルが正しく書き込まれたか検査します。
/N MS-DOS 形式以外の名前のファイルをコピーするときに、利用可能ならば、短いファイル名を使用します。
/Y 受け側の既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示しません。
/-Y 受け側の既存のファイルを上書きする前に確認のメッセージを表示します。
/Z ネットワーク ファイルを再起動可能モードでコピーします。
/L 送り側がシンボリック リンクの場合は、送り側リンクが指し示す実際のファイルではなく、リンクをターゲットにコピーします。
/? コマンドのヘルプを表示します。

実行例

copy text_1.txt text_2.txt

copy text_1.txt ../text_1.txt

その他

上書き確認

環境変数 COPYCMD でスイッチ /Y が設定されている場合があります。
このスイッチは、コマンド ラインから /-Y が指定されると無効になります。
既定では、COPY コマンドがバッチ スクリプトから実行されていない場合、上書き確認メッセージが表示されます。

複数ファイルのコピー

複数のファイルを追加するときは、受け側に 1 個のファイルを指定し、送り側に複数のファイルを指定します
 (ワイルドカードを使うか、ファイル 1 + ファイル 2 + ファイル 3 と指定します)。