CMD

【CMD】フォルダ一覧を作成する

フォルダの一覧を表示するには「dir」

フォルダ一覧を出力

dir /b /a:d [対象ディレクトリ] >[出力先]

指定した対象ディレクトリのフォルダのみを出力します。

出力先をファイルに指定することで一覧を作成できます。

(出力先を指定しない場合は画面に表示されます)

オプション

/A | 指定された属性のファイルを表示

/A は指定した属性のファイルのみを表示することができます。

指定できる属性は以下になります。

D ディレクトリ
R 読み取り専用
H 隠しファイル
A アーカイブ
S システムファイル
I 非インデックス対象ファイル
L 再解析ポイント
その属性以外

今回はフォルダの一覧を作成するため、属性は D を使用します。

/A:D と入力することでフォルダのみ表示することができます。

/B | ファイル名のみを表示

/B は見出しや要約などの情報を非表示にします。

フォルダの一覧を作成する際には、フォルダ名以外の情報は不要です。

/S | サブディレクトリも表示

※用途に応じて使用

指定した対象ディレクトリを含む、サブディレクトリまで表示したい場合は /S オプションを使用。

コマンド実行例

フォルダ一覧 実行例

実施環境は以下になります。

フォルダ一覧 実施環境

関連記事